透明の琴柱を作ってみた

透明の琴柱とは?

琴柱は通常、白っぽいプラスチックや象牙でできていますが、「透明で光る琴柱があったらライブハウスとかで演奏するときに盛り上がって楽しいんじゃない…?」と思い実際に試作してみました!

最初は3Dプリンタで作ろうとしていましたが、制作費がかなり高額になるのと、毎回材料にいろいろ好きなものを混ぜられることを考えて手作りに決定。

2016年1月より、オーダーメイドでお好きな色の琴柱を制作するサービスを開始しました!

これまでに作った透明の琴柱

● 制作第1弾

透明の琴柱 第1弾(無色透明)

まずはオーソドックスに無色透明バージョンから制作。金型(Ver.1)から外してみたら感動…!透きとおり具合が思いのほかキレイでした。

材料がうまく金型全体に行き通らなかったので少し形が欠けてしまってます…。

2014年12月

● 制作第2弾

透明の琴柱 第2弾(ブルーグリーン)

架空の透明金属で作った箏(3DCG)

気泡を少なくするために、材料の注ぎ口の場所を変えた新しい金型(Ver.2)で制作!

10年ほど前に描いた3DCG(架空の透明金属で作った箏)をイメージして、ブルーグリーンの着色剤を混ぜ込み。
ちょっと着色剤が濃すぎて透明度が低くなってしまいましたorz

2014年12月

● 制作第3弾

透明の琴柱 第3弾(金ラメ入りパープル)

材料を注ぎやすくした金型(Ver.3)で制作!金型の出来はかなり良くなってきました。

今回は、パープルの着色剤と金のラメを混ぜています。テーマは女子力高めな琴柱!?
写真ではラメが綺麗に写りませんでしたが、実際はけっこうキラキラしていていい感じでした。

材料が固まる前に触ってしまったので造形は失敗…

2014年12月

● 制作第4弾

透明の琴柱 第4弾(金ラメ入りグリーン)

引き続きVer.3の金型で制作。グリーンの着色剤と金のラメを入れています!

ラメはやはり光に当たると綺麗に光るのでいい感じ。

今回から、磨きは#1000、#5000の耐水ペーパー、#10000のラッピングフィルムの3段階にしてみました。

2015年1月

● 制作第5弾

透明の琴柱 第5弾(虹色LED組み込み)

透明の琴柱 第5弾(虹色LED組み込み)

Ver.3の金型で制作。
実は、第4弾よりも早く作り始めていましたがLEDライトがなかなか届かず(中国から直送だったので…)こちらが後になってしまいました。

これが最初に思い描いていた透明琴柱。極小LED内蔵で、様々な色に光ります。
電源とスイッチのサイズが心配でしたが、なんとか1ユニットごとに収まりました。
光っている様子はYouTubeに動画でUPしています。

2015年1月

● 制作第6弾

透明の琴柱 第6弾(クリアベースに白、緑、青のラメ)

クリアのベース色に 白、緑、青のラメを混ぜてます。
着色はしていないのですが、上部が青緑、下部がクリアのツートーンカラーに見えますね!

コードネームは「竜宮城」!(友人命名・笑)

2015年2月

● 制作第7弾

透明の琴柱 第7弾(ピンク)

金型を研究して作ったのが今回。Ver.4、Ver.5と次々と新しい金型を作り、角が欠ける減少がほとんどなくなりました。

ピンクの着色剤に銀とピンクのラメを混ぜています。

2015年12月

● 制作第8弾

透明の琴柱 第8弾(ブルーに銀のラメ)

アニメ「おそ松さん」のカラ松をイメージして作った琴柱になります。

青の着色剤に銀のラメをたっぷりと入れて痛々しさを出そうとしたのですが割と上品に仕上がってしまいました……

2016年1月

オーダーメイド透明琴柱制作サービス

※色、ラメ等の有無をお選びいただけます
※巾柱、小柱は現在のところ取り扱っておりません

透明の琴柱シリーズについてのお問い合わせ

透明の琴柱、光るLED琴柱についてのご質問、実際に見てみたい・演奏してみたい等ご要望がありましたら、
 hougaku@ohju.net (ほうがくのわ代表:櫻樹)へメールにてお問い合わせください。

twitterでシェアする
Facebookでシェアする
▲ PAGETOP