特集:どこで楽器の練習をしている?

みなさんはどこで楽器の練習をしていますか?

家や練習場などは、いつでも好きな時間に楽器の練習ができるとは限りませんよね。アパートやマンションに住んでいる方、練習できる時間が決まっている方など、みなさんはどこで楽器の個人練習をされているのでしょうか?

アンケート結果!

アンケート集計結果

…ということで、Twitterでアンケートを取ってみました。104名の皆様、ご回答ありがとうございました!
結果は…「カラオケボックス」と「自治体の施設」が同率一位(各38名)という結果に。
意外とカラオケボックスに楽器を持ち込んでいる人多いのですね!!

※Twitterのアンケート機能では選択肢が最大4個となっており、今回は上記の選択肢を用意いたしました。

練習場所のメリット・デメリット

● 外

散歩をしていたら、どこからともなく心地よい音色が…
公園や海辺、河原、山奥で…… たまに楽器の練習をしている人を見かけませんか??

外で練習するメリット

何と言っても気持ちイイ!特に大自然の中での練習は気分も感情も高まってきます。
気分転換にもオススメ!

外で練習するデメリット

屋外なので、天候の変化には非常に弱いのが難点です。急に雨が降ってきても、すぐに退散できるよう準備を!
木や皮など、自然の素材でできている和楽器は湿度などにも要注意ですよね。

もちろん、都市部の公園などでは周囲への配慮もお忘れなく!

● カラオケボックス

最近のカラオケボックスでは、楽器持ち込みOKなところが増えています。
例:→カラオケの鉄人HP 「ちょっと違った遊び方」

カラオケボックスで練習するメリット

防音性の高い個室で練習を、低料金で使うことができるのは魅力的!
カラオケ音を流しながら、それに合わせて演奏するのも楽しいかも!

カラオケボックスで練習するデメリット

当然ながら、もともとは歌を歌うための場所。楽器を入れるスペースがあまりなく、狭くなることも…
尺八や三味線なら余裕ですが、箏となるとなかなかキビシイ場合もあります。

そんなときは:短いタイプの箏を買うのも手! →NAVERまとめ「短い箏まとめ」(代表:櫻樹編集)

● 音楽スタジオ

楽器の練習場所としては"正統派"の音楽スタジオ!

音楽スタジオで練習するメリット

楽器練習のために設計された専用部屋なので、防音性はバッチリ。レコーディングをする場合には最適です。
また、アンプや録音機材、マイク、譜面台、椅子などの設備が揃っているところが多く、至れり尽くせりです。

音楽スタジオで練習するデメリット

設備がバッチリな分、お値段もそれ相応。
何時間も通して借りる場合はかなり高額になることも…。割安な深夜パック料金を設定しているところもあります。

● 自治体の施設

意外と身近なところにある公民館や市民会館などの文化施設。休日に小学校を一般解放しているところも。
和室がある施設も多く、和楽器の練習には良い環境ですね!

自治体の施設で練習するメリット

そこに住む住民のための施設ですから…とにかく安い!「市民料金」など、その自治体に在住している人がメンバーにいれば安くなるケースが多いです。
※自治体によって大きく異なる場合があります。

自治体の施設で練習するデメリット

子供達から老人まで、様々な住民が様々な目的で使用する施設なので、なかなか予約が取れない場合もあります。
特に、土日祝は音楽に限らない様々な市民サークルの活動として使用されていることがあります。

良い練習場所を見つけましょう!!

皆さんが普段練習に使用している場所、ありましたか?
周りには「練習場所がない…」という理由で、楽器を辞めてしまう人がたくさん居て非常に残念なところです。
ぜひ皆さんも、良い練習場所を探してみてくださいね。
これらの他にも、練習にオススメのスポットがあればぜひ教えてください!

twitterでシェアする
Facebookでシェアする
▲ PAGETOP