和楽器をもっと!もっと!楽しもう。ほうがくのわ

トップ > 邦楽wiki > 作曲者別検索 > 衛藤公雄

衛藤公雄

検索結果

【えとうきみお】

■概要

箏演奏家(生田衛藤流)/邦楽作曲家

■CD・DVD等

■発表曲


宴の華
思い出

薫る花
輝ける未来に寄せて
加賀友禅
語らい
カッコウ・ワルツ
岐阜提灯
希望の曲
建設のひびき
清き水玉の調べ
荒城の月変奏曲
紅葉の美
箏尺八二重奏曲
箏独奏の為のさくら

さくら幻想曲
爽やかなる調べ
初夏の一日
真如法親王
そよ風と共に

楽しい集い
潮流
月に鳴く虫と共に
月見草

熱情

母を讃える歌
春の姿
平調子の夢

三つの子守唄
みどりの朝
村の秋

雪の幻想
ゆりかごの調べ
よろこび

湧き出づる力

■その他

1923年 大分県にて生誕
1933年 楯城護師に入門
1934年 宮城道雄師に転門
1941年 (財)日本文化中央連盟、文部省、情報局、三曲協会共同主催による芸術祭三曲新作発表会一位入選。文部大臣賞、情報局総裁賞、日本文化中央聡盟賞、大日本三曲協会賞を受賞
1943年 同じ主催による第二回三曲新作発表会二位入選
1944年 同じ主催による第三回三曲新作発表会一位入選
1945年 長唄松永派の依頼により、長唄名曲の編曲を行う
1952年 皇居内宮内庁楽部楽友会員として推薦される
1953年 宮内庁楽部事務長、山崎忠義氏に薦められ、山崎氏の推薦状を携えて渡米。ハワイ大学、ロサンゼルスの大学などで演奏会。そのままアメリカに移住することとなる。当初ロサンゼルス(ハリウッド)、後、ニューヨークに住み、永住権を取得する
1956年 吾妻歌舞伎アメリカ公演に賛助出演
1957年 カーネギー・コンサートホールでヴァイオリンの江藤俊哉氏に続き、日本人として二人目のリサイタルを開催
1959年 アメリカにて一枚目のレコードを作り、指揮者レオポルド・ストコフスキーの推薦を受ける。その後、アメリカにて計四枚のレコードを製作。サンフランシスコ・オペラ劇場にて吾妻徳穂氏とともに日米通商交易百年祭の祝賀として、コンサートに出演。ロサンゼルスのビバリーヒルズ・イーベル劇場において、第一回リサイタルを開催
1961年 カーネギー・コンサートホールにて、2回目のリサイタルを開催。タウンホールにてアンコール・コンサートとして、リサイタルを開催
1962年 リンカーンセンター・フィルハーモニックホールにて、東洋人として初のリサイタルを開く。また、同ホールにて、レオポルド・ストコフスキー指揮のフィラデルフィア管弦楽団と競演
1963年 アジア・日米両協会の依頼で、アメリカ四十州にわたる大学演奏ツアーを行う。その間ゲストとして、カーネギーホール、リンカーンセンターに数十回出演。ASCAPに、同協会会長推薦により特別入会する
1964年 日本・スイス百年祭に国賓として招かれ、リサイタルを行う。ストコフスキー指揮、フィラデルフィア・オーケストラとフィラデルフィア・アカデミー・オブ・ミュージック(ホール)にて共演
1965年 ロサンゼルス市長より感謝状を受ける。日米の交流に尽くした功績によりサクラメント百都のキーを授与される。ストコフスキー指揮の、日本フィルハーモニー・オーケストラと武道館にて共演。日本ビクターと専属契約。カナダ・アメリカ各州大学にてリサイタルを行う。題名の無い音楽会(司会:黛敏郎)、ミュージック・フェアー(司会:越路吹雪)等、ワイドショー含め、NHK、民放のTV、ラジオ番組出演多数
1966年 アメリカ・カナダの各州大学にてリサイタル。アメリカ人気TV番組”ダニーケイ・ショウ”に出演
1967年 国立劇場大ホールにて、リサイタルを開催。(帰朝演奏会)国立劇場小ホールにて、定期演奏会を開催
1968年 国立劇場大ホールにて、江藤俊哉氏他の賛助出演を得て、定期演奏会を開催。サンケイホールにて、音楽生活三十五周年記念演奏会を開催
1969年 国立劇場大ホールにて定期演奏会を開催
1970年 サンケイホールにて、定期演奏会を開催
1971年 衛藤幸明に改名
1981年 国立劇場小ホールにてリサイタル。都市センターホールにて、衛藤幸明+ストリングス・アンサンブル演奏会を開催。作品集レコードをビクターより発売
1982年 都市センターホールにてリサイタルを開催
1983年 国立劇場小ホールにてリサイタルを開催
1983-88年 渋谷ジァンジァン 沖縄ジァンジァンにて十数回ライブ演奏
1984年 衛藤公雄に再び改名。フランス・ニース市における日本伝統芸能文化週間に参加し、リサイタル開催
1985年 衛藤公雄鎌倉後援会発足/音楽生活四十五周年記念演奏会
1986-87年 鎌倉にて月例チャリティ定期演奏会開催
1988年 1964年以降、毎年ノルウェーで開催されている『リダーレンネット(RIDERRENNET)』身体障害者スキー競技会(国際冬季スポーツ週間)25周年記念大会に日本代表として三笠宮裕寛仁殿下に随行し、オスロ・コンサートホールにて招待演奏
※ 邦楽wiki「衛藤公雄」に関する情報は、公式サイト「衛藤公雄Website」様より許可を得て記載の情報を使用しております。
Facebookでシェアする
ページのトップへ戻る